2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

20090118撮影機材

  • Lightroom2s_10_13
    撮影機材&登山用具の紹介

2013/04/25スカイツリー

  • 駒形橋とスカイツリー夜景
    撮影機材:EOS6D+EF24-105mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+SLIK SH-806N

2011/0220_26まつだ桜まつり

  • Lightroom3_179
    平成23年2月20日(日)、26日(土) 神奈川県松田町 まつだ桜まつり 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM、EF70-200mmF4L IS USM、EF17-40mmF4L IS USM、EF100mmF2.8L MACROIS USM  三脚 GITZO GT2540+Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom3にて現像

2010/11/13昭和記念公園紅葉

  • Lightroom3_5dii129
    平成22年11月13日(土) 公営昭和記念公園 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF17-40mmF4L USM、EF24-105mmF4L IS USM、EF70-200mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+MarkinsQ3 ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom3にて現像

2010/05/30向ヶ丘バラ園

  • Lightroom2s124
    平成22年5月30日(日) 生田緑地ばら苑 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII,EOS40D レンズ EF24-105mmF4L IS USM,EF100mmF2.8L IS USM MACRO,タムロン SP AF90mm F2.8Di MACRO 三脚:GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像

2010/05/09西沢渓谷

  • Lightroom2_s233
    平成22年5月9日(日) 山梨県 西沢渓谷 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM,EF70-200mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像

2010/05/02_03高ボッチ高原

  • Lightroom2_s210
    平成22年5月2日(日)~3日(月) 山梨県 高ボッチ高原 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII,EOS40D レンズ EF17-40mmF4L USM,EF24-105mmF4L IS USM,EF70-200mmF4L IS USM,Exender EF1.4xII 三脚 GITZO GT3541+ハスキー3D ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像。

2010/04/10真原桜並木_山高神代桜

  • Lightroom2ss243
    平成22年4月10日(土) 山梨県真原桜並木&山高神代桜 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM、EF17-40mmF4L USM、EF70-200mmF4L IS USM、EF100mmF2.8L IS USM、EXTENDER EF1.4x II 三脚 GITZO GT3541+ハスキー3D、GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像
無料ブログはココログ

私の山

  • 私の山
    山行記録とフィルム一眼画像を掲載しています。

2014年11月15日 (土)

皆既月食の撮影(2014/10/8)

 2014年10月8日、加入しているキヤノンフォトクラブ東京第6の講師である神吉先生が撮影された写真と撮影方法をご教授頂いたので参考までにご紹介いたします。

なお、本画像の著作権は神吉先生にありますので本写真の転載及びダウンロードはご遠慮ください。

20141213___21.撮影者:神吉 猛

2.撮影場所:浅草駒形橋付近

3.皆既月食情報
・月の出:17:08分 出角度83°(真北を0°として東90°、南180°、西270°です。)
・部分食始まり:18:14分 仰角12.7°
・皆既始まり:19:24分  仰角26.5°
・食最大  :19:54分  仰角32.3°
・皆既終了 :20:24分  仰角37.8°
・部分食終了:21:34分  仰角49.8°



4.撮影情報
2014年10月8日神吉先生撮影データ(多重撮影)
・カメラ:EOS5DMarkIII
・レンズ:EF100mmF2.8L Macro IS USM
     (ズームレンズでも可能ですが単焦点が良いとのこと)
・三脚:不明(がっちりしたもの)
・インターバル撮影可能なリモートスイッチ(キャノンTC-80N3)

・月の露出:※月食とともに露出は変化します
 ISO1600
 撮影モード:マニュアル(M)
 日食前(F11,1/250秒)※スカイツリー左側
 半月食(F11,1/8秒)※スカイツリー右側
 皆既食(F11,1秒)
 インターバル設定(リモートスイッチ)
 1分間隔で1時間半撮影にセット

5.多重合成(パソコン)
・ソフト:DPP(キヤノン提供の無料RAW現像ソフトです)
・多重設定:比較明
・撮影画像の中から5分単位のベストショットを抽出し多重合成

4.撮影条件
 ・雲がなく晴れていて風がないこと。(風があるとブレてしまいます)
 ・他に光を発するものがないこと。(露出がより難しくなります)

 以上ですが、ご覧のように撮影方法が分かっても簡単に撮れる写真ではありません。
 神吉先生は皆既月食の情報を頭に入れた上で数日前から何度も試し撮りをされたそうです。
 ちなみに私は仕事が終わった後、カメラを持たず自宅近くで見上げていました。(苦笑)
 次回の皆既月食は来年2015年4月4日(土)です。

 ご参考になれば幸いです。

2007年5月22日 (火)

高感度撮影

 帰り際に空を見上げたら月と星が美しく思わず撮った一枚。

20070511_baraendpp09_1 シグマ17-70mmF2.8-4.5DC MACRO

焦点距離:19mm(APS-C換算30mm)

ISO 800,F2.8,1/30秒,+0.3補正

午後7時20分 手持ち撮影

RAW撮影後、DPP3.0にて現像、ピクチャスタイル=風景

 こんな写真が手持ちで撮れるのも30Dの露出と高感度性能の良さ。

コンデジではノイズだらけとなるISO800でもノイズレスで十分実用です。

2006年9月18日 (月)

デジタル画像の印刷について

デジタルで撮影した画像を印刷してみたら、モニターで見るより暗かった

 つい最近まで、この問題に悩んでいました。
色々調べて、まず第一にモニターの色合わせが重要であることを知りました。

 そこでPhotoshopを使用しているので、付属のAdobe Gammaでソフトレベルでモニターの色合わせを試みましたが、目視での色調整はむずかしい上、私の使用している液晶モニターはバックライトとRGB調整しかできないため、黒の調整がむずかしく上手くいきませんでした。(苦笑)

 続いてモニターキャリブレーションソフトを購入しました。(Spyder2 suite)34,000円※安価なExpress18,900円もあります。

http://www.colorvision.jp/modules/articles/

 ビギナーでも、画面の指示に従って操作して付属の測定機をモニターに取り付けると自動的に色合わせをしてくれるもので大変簡単で使いやすいソフトです。

 私の購入したSpyder2Suiteは、ガンマ1.8と2.2、色温度5000Kと6500Kが選択できますが、通常、Windowsの場合は、ガンマ2.2、色温度6500Kで設定します。(Macの場合は、ガンマ1.8、色温度5000Kが一般的)

 ソフトレベルのプリンタキャリブレーションソフトが同梱されているのでこのバージョンを購入しましたが、ソフトレベルでのプリンタ色合わせは大変むずかしいうえ、フォト用紙代も馬鹿にならないので途中で断念しております。(苦笑)

セミナーへ参加

 7月にソフトメーカー開催の、プリントキャリブレーションセミナー(無料)に参加して、モニターとプリンタのキャリブレーションについて、実際にソフトを操作しながら学びました。
 しかし、プリンタキャリブレーションソフトは大変高価で、調整もけっこう面倒なので購入は断念しました。
 セミナーで講師にお聞きしたところでは、一般的にプリントはモニターより暗めになることが多いようです。
 理由は、モニターにはバックライトがあることと、環境光の明度によっても画像の見え方がかなり違ってくるからです。
 リバーサル(スライド)フィルムで撮影した写真を印刷すると、やはり暗くなります。
 これもスライドはライトボックスなどの光源下で見るため鮮やかで明るくなるためだと思います。

 私はキャノンのiP8600プリンタを使用しておりますが、染料インクなので色が安定するまで24時間かかり、プリンタキャリブレーションソフトで色合わせするとなると3日もかかるということも断念した理由の一つです。(苦笑)

画像印刷ソフトで印刷する場合の注意点

 インストールしたままの状態で印刷すれば、大抵のソフトはソフト側で画像を補正して印刷するような仕様になっているので、各ソフトによって印刷結果は異なってきます。
 
 キャノンの画像印刷ソフトEasy-PhotoPrintでパソコンのモニターと同じにプリントする場合は、以下の注意が必要です。
1.メニューのファイル→設定画面の詳細にある「自動画像補正処理を有効にする」のチェックをはずします。
2.用紙選択画面の「VIVIDフォト」と「デジタルカメラノイズリダクション」のチェックもはずします。
 以上の操作でEasy-PhotoPrint側での画像補正が一切されず印刷されます。

 Photoshopの場合は、
1.画像表示してからメニュー→校正設定→カスタム画面のプロファイルで用紙に対応したご使用のプリンタのプロファイルを選択します。
2.マッチング方法は、知覚的、彩度、相対的な色域を維持、絶対的な色域を維持、から好みのものを選んでOKします。
3.以上で表示画像がプリントされたときの明るさと色表示になるので、レタッチで明るさやコントラストを調整して印刷すれば、画面表示と同じ明るさでプリントアウトできます。
 これでも画像によって暗かったりします。>傾向として白色の多い画像に多い気がします。

 直接プリンタだけで印刷する場合も、初期状態では、プリンタドライバ側で画像を補正する機能がオンになっているので、これを全てオフにする必要があります。

 といろいろ勉強してきましたが、結局、現在は自分好みに綺麗に印刷されれば良いと割りきって、適当です。(苦笑)

2006年8月 8日 (火)

フィルム一眼との違い【絞り値と画質】

【その5】絞り値と画質

 フィルム一眼では、絞り値(F値)が大きいほど、画質はシャープになる。>絞り込むほど画質が良くなる。

 ※夜景などでは絞りすぎると光量不足で悪くなることもある。

 対して、フルサイズより撮影素子が小さいAPS-Cデジタル一眼の場合は、絞り込むことによって回折現象が起こり、画像の解像度を低下させてしまうことがあるようだ。

 回折現象とは、光が直進しないで折れ曲がる現象のこと。

レンズに入った光は、絞りの淵でも回折現象を起こすことがある。絞り込むほど直進光線の回折が大きくなるため、レンズの解像度を低下させるというわけだ。

 よってAPS-Cデジタル一眼の場合は、絞ってもF11程度にしておくことが肝要のようだ。

  晴天下の滝などを流動的に撮影する場合は、低速1秒位でシャッターを切ることもあり、かなり絞り込む必要があるので、NDフィルターかPLフィルターによって絞り値を小さくする工夫が必要だろう。

フィルム一眼との違い【露出補正】

【その4】露出補正値

 フィルム一眼で段階露出(AEB)で撮影する場合、±1/2単位を常用していた。

 デジタル一眼(EOS30D)の場合は、±1/3単位が使いやすい。

 なぜか?考えてみた。

1.APS-Cのデジタル一眼は、35mmフルサイズより撮影素子が小さく、画角が狭くなり拡大されるため、微妙な明暗差でも画像全体におよぼす影響が大きい。

2.ポジフィルムの場合、ライトボックスとルーペを使って画像の確認を行うのに対し、デジタルの場合はパソコンで100%以上拡大して確認を行うため、微妙な明暗差でも判別できる。

 実際に、EOS30Dで±1/2に設定してAEB撮影した画像をパソコンで確認したところ、わずか±0.5EVでかなりの明暗差があることが分かる。

フィルム一眼との違い【白トビしやすい】

【その3】白トビしやすい

 デジタル一眼のダイナミックレンジは、フィルムと比べればハイライト(明部)側で劣り、シャドウ(暗部)側で勝る傾向だそうである。

 ダイナミックレンジとは、色彩を表現できる幅のことで、これが狭ければ、許容量を超えた明るさ、又は暗さの被写体を撮ると真っ白に飛んだり、真っ黒につぶれてしまう。

 飛んだりつぶれたところには全く色彩データが存在しないため、レタッチで復元することは不可能である。

 では、白トビしないようするにはどうすれば良いか?

1.被写体の明暗差が大きいときは、明部に露出を合わせてアンダー気味に撮る。

2.レタッチで暗部を明るく補正する。

ただ、飛んだ部分が絵に独特の味を与えることもあるので、あまり神経質にならないようにしている。

 EOS30Dはデジタル一眼の中ではダイナミックレンジは広く、白トビしているようでも、レタッチで拡大すると階調が残ってることが多い。

 また、露出計の適正値もアンダー傾向なので、これも白トビを意識した設計かもしれない。

 私は通常、適正+1/3を常用している。

デジタル書籍

最近のトラックバック