2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

20090118撮影機材

  • Lightroom2s_10_13
    撮影機材&登山用具の紹介

2013/04/25スカイツリー

  • 駒形橋とスカイツリー夜景
    撮影機材:EOS6D+EF24-105mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+SLIK SH-806N

2011/0220_26まつだ桜まつり

  • Lightroom3_179
    平成23年2月20日(日)、26日(土) 神奈川県松田町 まつだ桜まつり 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM、EF70-200mmF4L IS USM、EF17-40mmF4L IS USM、EF100mmF2.8L MACROIS USM  三脚 GITZO GT2540+Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom3にて現像

2010/11/13昭和記念公園紅葉

  • Lightroom3_5dii129
    平成22年11月13日(土) 公営昭和記念公園 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF17-40mmF4L USM、EF24-105mmF4L IS USM、EF70-200mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+MarkinsQ3 ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom3にて現像

2010/05/30向ヶ丘バラ園

  • Lightroom2s124
    平成22年5月30日(日) 生田緑地ばら苑 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII,EOS40D レンズ EF24-105mmF4L IS USM,EF100mmF2.8L IS USM MACRO,タムロン SP AF90mm F2.8Di MACRO 三脚:GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像

2010/05/09西沢渓谷

  • Lightroom2_s233
    平成22年5月9日(日) 山梨県 西沢渓谷 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM,EF70-200mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像

2010/05/02_03高ボッチ高原

  • Lightroom2_s210
    平成22年5月2日(日)~3日(月) 山梨県 高ボッチ高原 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII,EOS40D レンズ EF17-40mmF4L USM,EF24-105mmF4L IS USM,EF70-200mmF4L IS USM,Exender EF1.4xII 三脚 GITZO GT3541+ハスキー3D ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像。

2010/04/10真原桜並木_山高神代桜

  • Lightroom2ss243
    平成22年4月10日(土) 山梨県真原桜並木&山高神代桜 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM、EF17-40mmF4L USM、EF70-200mmF4L IS USM、EF100mmF2.8L IS USM、EXTENDER EF1.4x II 三脚 GITZO GT3541+ハスキー3D、GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像
無料ブログはココログ

私の山

  • 私の山
    山行記録とフィルム一眼画像を掲載しています。

2009年1月 2日 (金)

センサークリーニング(Vixible Dust アークティックバタフライ724)

5dii_99_lr_s4  デジタル一眼をご使用の皆さんはイメージセンサーのゴミに悩まされていませんか?

 フルサイズ一眼EOS5DMarkIIにはセンサーダストクリーニング機能が搭載されていますが、ゴミの付着具合を確認したところF16程度で判別できる小さなゴミがいくつかみつかりました。

 そこで、今まで愛用してきたニコンクリーニングキットで清掃を試みました。

 APS-Cの40Dでは、ほぼ完璧に清掃できていたのですが、5DMarkIIはフルサイズセンサーなので大きく勝手が違いました。(苦笑)

 最初は慣れないせいか新たなゴミを付着させてしまう始末でしたが、1時間の奮闘で何とか小さなゴミ3つほどになったところで終わりにしました。(笑)

 その後、そのまま撮り続け、実害は生じていませんでしたが、どうも気になって仕方がありませんでした。(苦笑)

 ペンタックスのクリーニングキットも持っているのですが、センサーを押す感覚がどうも好きになれません。

 そこで先日、ヨドバシカメラのセンサークリーニングコーナーにVisible Dustアークティックバタフライというセンサークリーニングブラシがあり、店員に話を聞くとなかなか良さそうなので14,000円と少々高価でしたが思い切って購入しました。

 APS-C用の700とフルサイズ用の724の2タイプがあり、フルサイズ用を購入しました。(ブラシ幅がフルサイズイメージセンサーと同じで単4電池2本使用)

 アークティックバタフラは単4電池(付属していません)を入れて、清掃前にブラシ部分を回転させます。(帯電させるのだと思います。)その後センサー部をなぞるように清掃し、再度電源を入れて取ったゴミを払い落とす仕組みです。無水エタノールなどを使う清掃と違い、ムラや傷など神経質にならずに使えるところがいいです。

 ブラシが大変柔らかい素材でできており、センサーを傷つける心配が全くなく安心して作業できます。

5dii_99_3_lr_s6  ブラシの幅がちょうどフルサイズセンサーと同じなので1回なぞるだけで済みます。

 清掃の効果は、期待以上で3回ほどなぞっただけで小さなごみまで完璧に取れてしまい驚きました。(嬉)

 油性のゴミは取れませんが、最近のデジタル一眼はカメラ内部から出る油性ゴミはほとんどでないようなので、実用上はこれで十分だと思います。

 何より、センサーをなぞるだけなので精神的なプレッシャーから開放される上、新たなゴミを付着させることがなく確実にゴミが取れます。

 携帯用のしっかりしたケース入りで旅行にも持って行けますし、お薦めです。

 製品レビューは下記を参考にしてください。

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2007/03/24/5913.html

2006年8月13日 (日)

フィルム一眼との違い【撮影素子のゴミ】

【その6】撮影素子のゴミ

 これがフィルム一眼との違いで最も悩ましい。(苦笑)

 フィルムでもゴミが写り込むことはあったが、一枚のみで済んだ。

 ところが、デジタル一眼の場合は、固定された撮影素子で受光し画像に変換するため、撮影素子に付着したゴミは、全ての撮影画像に影響を与えることとなる。

 特に空の大きく写り込んだ風景写真などで、点々とまたは刷毛のようなゴミの写り込みが見られることがある。

 写り込んだゴミは、キャノンの現像ソフトDPPやPhotoShopで簡単に消すことが可能だが、何百枚もの画像を処理するとなると大変面倒である。

【ゴミの正体】

 ゴミの正体は、レンズ交換時やズーミングなどにより外部から侵入するものと、シャッター動作によりカメラ内部から発生するものがあるようだ。

 カメラの購入当初は、この内部から発生するゴミが多いようで、1,000枚ほど撮ったところで、車の1,000㎏点検のつもりでQRセンターに清掃依頼したが、撮影素子のすき間のゴミで工場送りとなってしまい、結果、撮影素子部品交換となった。

 ごく稀に撮影素子のすき間にゴミが混入することがあるそうで、こうなるとQRセンターでは取れないそうである。

【ゴミの確認方法】

ゴミの確認手順は以下のとおり

1.カメラを次のとおり設定する。

 (1)絞りをF22にセットする。

 (2)感度 ISO=100

 (3)ホワイトバランス=オート

 (4)露出は絞り優先オート(AV)

 (5)画質はラージファインJPEG。

 (6)ピントはMFにして、∞にセット。

2.壁などに貼り付けた白紙を撮影する。このとき白紙全面が写るようにして、意識的にぶらす(これにより撮影素子のゴミのみが鮮明に写る)こと。

3.撮影画像をパソコンに転送して、画像編集ソフトで100%表示させてゴミを確認する。

4.画像と撮影素子は上下逆なので、画像の上部に写り込んだゴミは、撮影素子の下部に付着している。

5.確認したゴミをブロアー等で清掃したあと、同様の手順で繰り返しゴミを確認する。

【対策1-レンズ交換】

 レンズ交換をしなければ、ゴミの付着を最小限に抑えられる。高倍率ズームを使用するのも一考であるが、レンズ交換は一眼レフの最大のメリットであるし、画質を考えれば、単焦点や画角幅の小さいズームを使いたいものである。

 そこで、レンズ交換は以下の手順で行っている。

1.交換レンズのキャップをゆるめて準備。

2.カメラを下に向けて、レンズをはずす。

3.カメラを下に向けたまま、ブロアーで数回マウント内部を軽く吹き付ける。(強いブロアーは、ゴミを撮影素子のすき間やファインダーに混入させてしまうので要注意。)

4.交換レンズのマウント部もブロアーしてから、カメラに装着する。

【対策2-撮影時】

 ゴミの写り込みは、絞り込むほど鮮明になる。

開放~F8までなら、よほど大きなゴミでない限りわからない。

 デジタル一眼の場合、絞り込んでもF11までとするなら、さほど気にすることもないように思う。

【対策3-QRセンター清掃】

 F11でも判別できるゴミが確認できて、ブロアーでも取れない場合は、キャノンのQRセンターに持ち込めば無料で清掃してくれる。(無料)

 所要は40分くらい。

 ただ、QRセンターでも取れないゴミはあるようなので完璧を望まないこと。

【対策4-自力清掃】

 無料とはいえQRセンターに持ち込むには時間と手間がかかるので、自力清掃すべくいくつかのアイテムで挑戦してみた。

1.Photo Solutionsブラシオフ(12,600円)

 カメラの撮像素子やレンズ表面はプラス(+)の静電気を帯びており、またホコリ自体はマイナス(-)の静電気を帯びており、これが埃付着の原因となっている。この製品はこの静電気効果を利用し、カメラ側よりも大きなプラス静電気によって撮像素子に付着した埃を除去するというもの。埃除去後は本体付属のアース線を使って静電気を放電すれば、ブラシから埃が落ちて次のクリーニングに備える事が出来る。

060811__0005 060811__0003

 使用方法は、先端のキャップをはずして、本体のレバーをスライドさせると先端からブラシが出てくる。

 このブラシで撮影素子を軽く履くことにより静電気によりゴミが取れる。

 さっそく試してみたが、期待したほどゴミは取れず、小さなゴミが散らばった感じで粘着質のゴミには効果がなさそうである。

 また、撮影素子に対して、ブラシが大きいので、カメラ内部の他の部分に触れないように注意が必要である。

 小型で携帯に便利なので、旅行用には良いかもしれないが、費用対高価は薄い。

2.ニコンクリーニングキット(8,190円)

 ニコンでは、撮影素子のクリーニング講座を実施しており、専用のクリーニングキットも販売している。

 実際にニコンのサービスセンターで清掃に使われているものである。

 060811__0002

製品の内容は、専用の収納ボックスにハンドラップ・クリーニングスティック・シルボン紙・ブロアー・ブラシ・クリーニングクロスそして、イメージセンサー(撮影素子)クリーニング説明CDが付属している。

 清掃液の無水エタノールは薬局等で購入し、これをハンドラップに入れておく、説明CDは撮影素子の清掃手順等について、動画で大変分かりやすく説明している。

○清掃手順

1.クリーニングスティックにシルボン紙を巻き付ける。

2.シルボン紙をハンドラップに押しつけて適度の無水エタノールを浸す。

3.撮影素子表面の中央部分から、らせん状に外周に向かって拭く。撮影素子の外周は、スティックの角をうまく使って拭き残りの無いように注意する。

※注意点は、シルボン紙の巻き方と無水エタノールを漬けすぎないようにすること。

この2点については、説明CDで、詳しく説明指導されている。

○使ってみた感想

 説明CDを参照しながら、フィルターの清掃で何度も練習してから、挑戦した。

 想像以上にきれいに清掃できて満足な結果であった。

 購入は、ニコンサービスセンター。

3.その他クリーニングキット

 キャノンやペンタックスからは、撮影素子のゴミを粘着質のスティックをスタンプのように押しつけて取るクリーニングキットが販売されている。

デジタル書籍

最近のトラックバック