2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

20090118撮影機材

  • Lightroom2s_10_13
    撮影機材&登山用具の紹介

2013/04/25スカイツリー

  • 駒形橋とスカイツリー夜景
    撮影機材:EOS6D+EF24-105mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+SLIK SH-806N

2011/0220_26まつだ桜まつり

  • Lightroom3_179
    平成23年2月20日(日)、26日(土) 神奈川県松田町 まつだ桜まつり 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM、EF70-200mmF4L IS USM、EF17-40mmF4L IS USM、EF100mmF2.8L MACROIS USM  三脚 GITZO GT2540+Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom3にて現像

2010/11/13昭和記念公園紅葉

  • Lightroom3_5dii129
    平成22年11月13日(土) 公営昭和記念公園 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF17-40mmF4L USM、EF24-105mmF4L IS USM、EF70-200mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+MarkinsQ3 ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom3にて現像

2010/05/30向ヶ丘バラ園

  • Lightroom2s124
    平成22年5月30日(日) 生田緑地ばら苑 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII,EOS40D レンズ EF24-105mmF4L IS USM,EF100mmF2.8L IS USM MACRO,タムロン SP AF90mm F2.8Di MACRO 三脚:GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像

2010/05/09西沢渓谷

  • Lightroom2_s233
    平成22年5月9日(日) 山梨県 西沢渓谷 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM,EF70-200mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像

2010/05/02_03高ボッチ高原

  • Lightroom2_s210
    平成22年5月2日(日)~3日(月) 山梨県 高ボッチ高原 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII,EOS40D レンズ EF17-40mmF4L USM,EF24-105mmF4L IS USM,EF70-200mmF4L IS USM,Exender EF1.4xII 三脚 GITZO GT3541+ハスキー3D ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像。

2010/04/10真原桜並木_山高神代桜

  • Lightroom2ss243
    平成22年4月10日(土) 山梨県真原桜並木&山高神代桜 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM、EF17-40mmF4L USM、EF70-200mmF4L IS USM、EF100mmF2.8L IS USM、EXTENDER EF1.4x II 三脚 GITZO GT3541+ハスキー3D、GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像
無料ブログはココログ

私の山

  • 私の山
    山行記録とフィルム一眼画像を掲載しています。

2013年1月 1日 (火)

新年あけましておめでとうございます。



新年あけましておめでとうございます。<(__)>

 20130101eos6d0268ここ2年ほど家庭の事情で撮影に出かけられず、ブログの更新も全くできませんでした。

 今年はじゃんじゃん撮影に出かけてブログの更新も行って参りますのでどうかよろしくお願いします。<(__)>

枡形山の初日の出を撮りに出かけました。

例年より人が少なく良い場所を確保できたのですが、雲が多くて残念でした。

20130101eos6d0203枡形山からスカイツリー&東京タワー遠望

撮影機材:EOS6D+EF70-200mmF4L IS,一脚使用

EOS6Dの試写でもありましたが、評判どおり低輝度時のAF測距と高感度の画質は素晴らしかったです。(笑)

2007年12月29日 (土)

EF17-40mmF4L USM 購入!

ついにキヤノンEF17-40mmF4L USMを買ってしまいました。

30d_20071229_999_3slkypixs シグマ17-70mmF2.8-4.5DC MACROをずっと愛用してきて特に不満はないのですが、純正LレンズであるEF17-40mmF4はいつも気になる存在でした。

先月、EF-S60mmF2.8 MACROを買ったこともあり、EF17-40mmF4L+EF50mmF1.8II+EF60mmF2.8MACRO+EF70-200mmF4LISの組み合わせもありかなぁと勝手な理屈をつけてしまいました。(笑)

 それに今春にも発表が待たれるフルサイズのEOS5D後継機でもこのレンズなら超広角として使えるし、Lレンズの画質は絶対後悔はしないと確信して購入を決意しました。

 Lレンズの証である赤いラインがかっこよく、EOS40Dにもベストマッチです。

 これでEF24-105mmF4LISを買えば、所謂小三元達成ですが、5D後継機が発表されるときに新型レンズも発表されると期待しているので楽しみに待ちます。

【フード逆付状態】30d_20071229_999slkypixs

フードが大きく、カメラバックに入るか心配でしたが、何とか納まりました。

 ユーザーの方の話では40D の場合APS-CなのでEF-S17-55mmF2.8 IS用のフードが使えるそうなので、近々買う予定です。

 明日(12/30)から三ツ峠へ富士山撮影に出かけるので初撮りが楽しみです。

2007年12月 4日 (火)

EOS40D購入!

11月30日に待望のEOS40Dボディを買いました。(嬉)

30d_20071202_951slkypixs

http://cweb.canon.jp/camera/eosd/40d/index.html

ボディのみの購入でレンズはEOS30Dで愛用してきた

30d_20071202_953slkypixs シグマ17-70mmF2.8-4.5DC MACROを使用して、

30Dには新たに購入したEF-S60mmMACROを付けて

併用していきます。

 発売当初ユーザーから問題視されていた、レリーズ直後の振動などについて、発売から3カ月経過して、ようやく改善(キヤノン非公表)?されてきて落ち着いたようなので、購入を決めました。

 ヨドバシカメラのスペシャルデーのポイント15%還元を利用してかなり安く購入することができました。

 試し撮りはできないと思ったのでシリアル№(06~)のみ確認しました。(01~04の初期ロットは問題が多かったので)

 帰宅してから、早速、問題の振動の有無とシャッター音を確認したところ、レリーズ直後の振動は全くなく、シャッター音も以前「パコン!」音で不評だったので少々気になっておりましたが、言葉にすると「「カシュン!」という30Dより抑えられた切れの良い音でホッとしました。

 まずフォーカススクリーンを方眼マットに交換した後、ケンコーの液晶保護シールを慎重に貼り付け完了。

 アクセサリー類が全て30Dと共用できるのは助かります。

 さっそく30Dの予備バッテリーを装着して試し撮りを行いました。

【民家園の紅葉】

シグマ17-70mmF2.8-4.5DC MACRO

40d_20071202_964dpp

ISO400

F3.2 1/160秒

40d_20071202_972dpp

ISO125

F3.5 1/125秒

40d_20071202_982dpp

ISO400

F8 1/50秒

40d_20071202_971dpp

ISO400

F4.5 1/125秒 +1/3補正

40d_20071202_974dpp

ISO125

F3.5 1/80秒

【新宿都庁】

40d_20071202_991dpp

ISO100

F8 1/250秒

40d_20071202_990dppISO100

F8 1/250秒

40d_20071202_996dppISO100

F6.3 1/320秒 +2/3補正

【色々】

40d_20071202_999_3dpp

ISO

F5.6 1/80秒 +1/3補正

40d_20071202_999_52dpp

ISO1000

F4 1/40秒

40d_20071202_999_44dpp

ISO100

F4.5 1/160秒

 初撮影の感想を30Dとの比較をまじえて少々。

1.ファインダー

 倍率の向上と方眼マットにより見やすさは格段に向上しています。

露出等情報表示も大きくなり、ISO感度の常時表示もGoodです。

2.ホールド感

 30Dと比較すると吸い付くようなグリップで質感も向上しています。

3.操作性

 メニューはかなり増えた印象ですが、30Dから引き継いだマニュアルいらずの操作性は維持されておりました。

4.シャッター

 30Dと比較すると音量が抑えられており、音色もまずまずといったところです。

5.液晶モニター

 3型になって見やすく、不評だった色合いや野外での視認性も向上しています。

 また、撮影情報を表示できるようになり、三脚を使用して目線の高さで撮影するときなど重宝しそうです。

6.セルフクリーニングセンサー

 意識的にレンズ交換を野外で繰り返して試し撮りしてみましたが、帰宅してゴミチェックをしたところ全くゴミが付着していませんでした。

 これは単なるオマケ的なものではなく、かなり信頼できるものだと実感しました。

 電源のON/OFF時に自動的にクリーニングされるため、レンズの交換直前・直後に清掃されることが効果を高めているものと思います。

 30Dでは積極的なレンズ交換には躊躇してましたが、これからは気にせず行えそうです。

7.バッテリー保ち

 30Dより高機能になった分バッテリー消費が少し気になるところですが、今現在、400枚近く撮影して電池チェックマークは「残量が少なくなっています」レベル表示です。

 250枚ほど撮影した段階でこのレベル表示に変わりましたが、まだまだ撮れそうな感じです。

 使用バッテリーが30Dで1年以上使用済みのものなのでバッテリー自体の劣化もあると思いますが、このバッテリーを30Dに装着してみたところ満充電表示だったので、バッテリーレベル表示の仕様が変わったのかもしれません。

8.AF性能

 シグマレンズでも確実にAFの向上を実感でき測距スピードが速くて快適です。

 また、MFでもファインダー倍率アップでピント山がつかみやすくなりました。

9.ライブビュー

 評判の良い機能ですが、まだ使用していません。

 今後、マクロ撮影などで重宝しそうです。

 今のところ初期不良もなく総合的に大満足しています。(笑)

2007年9月 2日 (日)

EOS40D試写してきました。

 今日、新宿ヨドバシカメラでキヤノンから新発売されたEOS40Dの試写をしてきました。

http://cweb.canon.jp/camera/eosd/40d/index.html

 感想は「素晴らしい!」の一言です。

 現在使用している30Dを持って行ったので、比較感想です。

1.質感

 30Dと比較して、しっかり感・ホールドともに向上していました。重量は40g増加していますが、手に持った感覚では差は感じませんでした。

2.ファインダー

 30Dと比較すると、撮影情報・フォーカスポイントなどの視認性が大きく向上しておりピント山もつかみやすく、フォーカススクリーンを方眼マットへ交換することも可能となりました。

 また、ISO感度も常時表示されてるようになりました。

 私にとっては最もうれしい改善点です。

3.シャッター音

 30Dとは大きく異なる点で、巷では不評のようですが・・・。

 ミラーの反動を抑えたようなこもった音色で、言葉で表すと「スコン!」でしょうか。(巷では「パコン!」に聞こえる方が多いようですが・・・)

 自分的には可もなく不可もなしといった印象です。>慣れかな

 30Dのシャッター音は大きくて、静かな場所では気がひけることもあったので、抑えられた音量は悪くないと思います。

4.操作性

 ボディ上部ボタンの配列が変更されましたが、頻繁に使うボタン(ISO感度)がシャッター寄りに配置され操作性は向上したように思います。

 メニュー操作は、設定項目が増えたためか30Dのワンボタン形式から、サブ電子ダイヤルとマルチコントローラーによるカテゴリー選択方式に変更されましたが、操作性は悪くありません。

 メインスイッチが30Dより小さくなり、スイッチの入切は若干しにくい感じですが、カバンなどに触れてスイッチの位置が変わってしまうことはなくなりそうです。

 他にライブビュー用のAFボタンが追加されており、ライブビューでのAFが可能になっています。

5.高感度画質

 展示機にはEF-S17-85mmF4-5.6 IS USMが装着されており、ISO感度を変えて何枚か撮ってみました。

 ISO1600でも十分実用になるようで安心しました。

40d_20070902_073slkypixs_2EOS40D+EF-s17-85mmF4-5.6 IS USM

ISO感度1600、F4.5、1/500秒

 30D(820万画素)と40D(1,010万画素)との画質の差は分かりませんが、少なくとも落ちてはいない印象です。

6.AF

 30Dと同じ9点測距ですが、AF合焦速度の向上を実感しました。

 常用しているシグマ17-70mmを装着して試写してみましたが、AF速度が速くなり、ジャスピンでした。

7.液晶モニター

 3型にアップした液晶モニターは大変見やすく、再生画像の色合いもだいぶ改善された印象です。

8.ライブビュー

 今でも不要だとは思っていますが、試し撮りした感触では、マクロ撮影では重宝しそうな気もします。

 ただ、バッテリー消費量が少々気になるところです。

9.価格

 ボディ単体で148,000円とのこと。

 交換用スクリーンマットは2,480円。

 全体的に価格も含めて素晴らしいカメラに仕上がっていると思います。 

 今後、各カメラ誌などで評価記事がたくさん掲載されると思うので、これを楽しく参考にしながら年末を待ちたいと思います。

 ニコンからD300が発表され、驚異的な高機能と評判高いですが、山の撮影が主体なので、重量大きさの面だけで対象外です。

 持ち歩けなければ意味がありません。。(苦笑)

40Dをわずか40gの増加で抑えてくれたキヤノンに感謝です。

2007年1月 1日 (月)

2007年初日の出

新年あけましておめでとうございます。<(_ _)>

Newyear_sunrise07010110slkypix_1

今朝、初日の出を撮影してきました。

 EOS30D+EF70-200mmF4L IS USMと一脚を持ち、防寒をしっかりしてヘッドランプの灯りを頼りに裏山の展望台に登りました。

 展望台の前には初日の出を拝む人々が列をなしていました。

 展望台開場とともに階段を駆け上がり、一脚を設置して寒さに震える大勢の観客と今か今かと茜色の空を見守ること20分ほどで、午前7時前、雲の間に2007年初日の出が輝き出てきました。

撮影画像:

 絞り優先モード,ISO100,RAW撮影後、SILKYPIX3.0にてマイナス補正して現像しました。※カッコ補正値

 心配していたゴーストですが、日の出時は光が弱いので、全く発生しませんでしたが、陽が昇りきり強烈は直射光がレンズに入ると目視でも分かるゴーストが発生しました。

 カメラ側の適正露出値ではかなりオーバーだったので、現像時に露出をマイナス補正することによってフレアを消すことができました。

Newyear_sunrise07010106slkypix 焦点距離160mm,F5.6,SS1/160秒,(-0.3補正)

Newyear_sunrise07010108slkypix 焦点距離155mm,F6.3,SS1/200秒,(-0.2補正)

Newyear_sunrise07010110slkypix 焦点距離176mm,F6.3,SS1/125秒,(-1.0補正)

Newyear_sunrise07010112slkypix 焦点距離176mm,F6.3,SS1/100秒,(-1.0補正)

※左下部の枝のところにフレアが見られます。

Newyear_sunrise07010114slkypix 焦点距離150mm,F6.3,SS1/200秒,-0.7補正

Newyear_sunrise07010115slkypix 焦点距離89mm,F7.1,SS1/125秒,-0.3補正

2006年11月19日 (日)

RAW現像ソフトSILKYPIX Developer Studio3.0

 Silkypix_1

キヤノンEOS30Dでの記録画質は、ほとんどRAWで撮影しており、当初はキヤノン専用のRAW現像ソフトDigital Photo Professional (以下DPP)で現像してました。

 しかし、DPPは軽快で使い勝手は良いものの細かい調整ができないため、汎用の現像ソフトSILKYPIX Developer Studio の試用版をダウンロードして使ってみたところ、少々重いものの高機能で大変使いやすく気に入って製品版を購入しました。

http://www2.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/

 バージョン3.0になりRAWだけでなく、JPEGやTIFFもRAW同様に現像変換することが可能になりました。(SILKYPIX RAW Bridge)

 これは、JPEGやTIFFを読み込んだときにRAWに近いデータに戻して開くため、Photoshopなどのレタッチソフトでは不可能なホワイトバランスの調整が可能となり、JPEGへの再変換の画質劣化も最小限にとどめられるというものです。

 しかも、SILKYPIXはオリジナルのデータを直接修正せず、現像パラメーターのみを別ファイルとして保存する仕組みなので、何度でもやり直しが可能でGoodです。

  価格は16,000円と少々高価ですが、Photoshopなどと比べればお手頃で高機能なRAW現像ソフトだと思います。(PhotoshopCSも持っていますが、こちらはレタッチ専用として使っています。)

 現在発売されているデジタル一眼全てのRAWに対応しており、新機種への対応も迅速なので、複数メーカーのデジタル一眼を所有している方には、特にお薦めです。

2006年11月18日 (土)

画像のファイル形式について

 EOS30Dなどデジタル一眼で撮影可能な画像形式は、JPEGとRAWである。

 これらの画像形式の特徴と用途についての覚え書きです。

1.画像ファイル形式について

(1)JPEGとは?

 JPEGは、現在もっとも汎用性が高いデジタル写真の画像形式。撮影し画像化したデータを圧縮して記録するため、ファイル容量も小さいので容量の少ないメディア(CF・SDカード)でも多くの枚数を撮れるメリットがある。

 反面、パソコンで修正(レタッチ)して再保存すると画質が劣化するため、レタッチを最小限の抑えるため撮影時の露出等は慎重に行う必要がある。

(2)RAWとは?

 RAWは、デジタルカメラの撮影素子からの情報をほぼそのまま記録したデータで、プリントしたりするためにはRAW現像ソフトでデータを画像化(現像)する必要がある。

 現像時に露出や色合いなどの調整が可能で、JPEGまたはTIFFに変換するが、ほとんど画質が劣化しないため撮影時の露出ミス等を、ある程度カバーできる。

(3)TIFFとは?

 RAWを現像変換する時、TIFFを選択することもできる。TIFF形式は圧縮されないため、画質劣化が少なく、高画質で保存できるが、ファイル容量が大きくなり、汎用性も低い。

(4)画像ファイルの容量

 EOS30DでRAW撮影した画像を、JPEGとTIFFに現像変換して容量を比較してみました。

 RAW=7.19MB
 JPEG=1.23MB
 TIFF=23.5MB

 という結果でした。
TIFFは非圧縮とはいえ想像以上に大きいですね。(笑)

(5)画像ファイルの用途

【RAW形式】

 これはフィルムカメラに例えれば、現像後のネガまたはポジに相当するものなので、再現像の可能性がある大切な写真は永久保存しておくと良いかもしれません。

【JPEG形式】

 Web用、プリント用など汎用性が高く、ファイル容量も小さいのでRAW現像の一般的な変換画像形式はやっぱりこれですね。

【TIFF形式】

 高画質ではあるものの、ファイル容量がRAWの3倍(画像による)にもなり、汎用性も低いので、現像後にPhotoshopなどでレタッチの必要がある場合に、RAW→TFF→レタッチ→JPEG保存すればJPEGをレタッチするより画像劣化を防げますね。

2.キヤノンのRAWについて

 キヤノンのEOS5D、EOS30D、KissDXのRAWデータには、撮影時のピクチャスタイルが付加されてます。

 キヤノンの現像ソフトであるDigital Photo Professional でRAWデータを読み込むと、撮影時のピクチャスタイルが反映されて画像表示されます。

 汎用のRAW現像ソフト(SILKYPIX Developer Studio 3.0など)でキヤノンのRAWデータを読み込んだ場合は、ピクチャスタイルは反映されず、撮影素子の情報(露出等)のみの画像が表示されます。

試しにカメラのピクチャスタイルをモノクロに設定してRAW撮影した画像データを各現像ソフトで読み込むと以下のように表示されます。

・Digital Photo Professional =モノクロ表示

・SILKYPIX Developer Studio=カラー表示

2006年10月 9日 (月)

これは何?

 今日の夕方、夕陽を撮影したのですが、帰宅してパソコンで確認したところ、画像の中に小さな白色の点が写り込んでいました。

 数秒後に撮影した画像には写り込んでいませんでした。

 撮影素子のゴミなら黒色だと思いますし、ドット抜けなら常に同じ箇所に現れるはずですし、熱ノイズ(ホットピクセル)は赤いのではないでしょうか?

 オートブランケット(AEB)連写撮影した3枚とも白点が写っていまして、次の3枚はいずれも写っていませんでした。

 レタッチで消せるので問題はないのですが、これは一体何でしょう?

ご存じの方、コメントいただけるとありがたいです。

1770mm_20061009_275

 夕陽と画像上端の中間の雲の楕円のすき間に小さな白い点が写っています。(ISO100,絞りF8,SS1/100秒)

こちらは数秒後に撮影したものですが白い点1770mm_20061009_272はありません。(ISO100,絞りF8,SS1/125秒)

2006年8月 8日 (火)

フィルム一眼との違い【WB】

【その2】ホワイトバランス。

フィルム一眼では全く聞いたことのない用語だった。

 コンパクトデジカメを使うようになって、その存在は認識したが、何のことやらわからなかった。(苦笑)

 EOS30Dを購入し、その重要性を認識するとともにデジタルでの絵作りの基本中の基本であることを知った。

 色の基本は、白と黒。

これを忠実に再現することにより自然な色が出せる。

絵作りの下地的な存在である。

 そういえば、フィルムでもデーライト(太陽光)とかタングステンとか、光に応じたフィルムの選択があったっけ。

 フィルムの場合は、1本(例えば36枚)撮り切るまでは一枚一枚を光に応じて使い分けることができないので、レンズに適切なフィルターを装着して、色の補正を行う必要があった。

 デジタルの場合は、室内、野外それぞれの光線に応じたホワイトバランスをカメラ側で簡単に設定できて一枚一枚ベストの絵作りを楽しむことができる。

 私の場合、フィルム一眼でデーライトに馴染んでいるので、ホワイトバランスの設定は、室内でも野外でも「太陽光」が好みである。

2006年8月 7日 (月)

フィルム一眼との違い【画角】

【その1】画角の違い

 デジタル一眼を使い始めて、フィルム一眼と様々な相違点があり、似て非なる物であることを知った。

 同じレンズを装着しても、フィルム一眼とデジタル一眼では画角が異なることもその一つである。

 35mmフィルムの大きさは縦24mm×横36mmであるが、デジタル一眼の撮影素子の大きさは縦16.7mm×横23.4mmと小さくAPS-Cと呼ばれる。(フルサイズのデジタル一眼も存在するが大変高価である。)

35mmfilm_2  

APS-Cのデジタル一眼に35mmフルサイズ用のレンズを装着した場合、フルサイズより画角が狭くなる。

 例えば、APS-Cデジタル一眼に50mm標準レンズを装着すると、画角は1.6倍(ニコンの場合は1.5倍)の80mm中望遠レンズとなる。ただし、被写界深度は50mmのままなので、フィルム一眼に80mm望遠レンズを装着した場合とはボケ味が異なる。

 また、画角が狭くなる分、レンズの周辺光量落ちの影響を受けず、開放からシャープな画像が期待できる。

 ただし、フルサイズより1画素あたりの受光面積が小さいので性能面ではフルサイズが優る。

 画角が狭くなるので、フルサイズ用の広角ズームでは広角側に不足感が出る。

 例えば、28-70mmズームの場合、APS-Cでは45-112mmズームとなり広角側が足りなくなる。

 このため、最近ではAPS-Cデジタル専用の広角ズームが発売されるようになったわけである。

 EF-S10-22mm F3.5-4.5U SM(APS-C換算16-35mm)などは、フルサイズ一眼レフでは使用できないので、フィルム一眼と共用したい方は要注意である。

より以前の記事一覧

デジタル書籍

最近のトラックバック