2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

20090118撮影機材

  • Lightroom2s_10_13
    撮影機材&登山用具の紹介

2013/04/25スカイツリー

  • 駒形橋とスカイツリー夜景
    撮影機材:EOS6D+EF24-105mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+SLIK SH-806N

2011/0220_26まつだ桜まつり

  • Lightroom3_179
    平成23年2月20日(日)、26日(土) 神奈川県松田町 まつだ桜まつり 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM、EF70-200mmF4L IS USM、EF17-40mmF4L IS USM、EF100mmF2.8L MACROIS USM  三脚 GITZO GT2540+Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom3にて現像

2010/11/13昭和記念公園紅葉

  • Lightroom3_5dii129
    平成22年11月13日(土) 公営昭和記念公園 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF17-40mmF4L USM、EF24-105mmF4L IS USM、EF70-200mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+MarkinsQ3 ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom3にて現像

2010/05/30向ヶ丘バラ園

  • Lightroom2s124
    平成22年5月30日(日) 生田緑地ばら苑 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII,EOS40D レンズ EF24-105mmF4L IS USM,EF100mmF2.8L IS USM MACRO,タムロン SP AF90mm F2.8Di MACRO 三脚:GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像

2010/05/09西沢渓谷

  • Lightroom2_s233
    平成22年5月9日(日) 山梨県 西沢渓谷 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM,EF70-200mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像

2010/05/02_03高ボッチ高原

  • Lightroom2_s210
    平成22年5月2日(日)~3日(月) 山梨県 高ボッチ高原 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII,EOS40D レンズ EF17-40mmF4L USM,EF24-105mmF4L IS USM,EF70-200mmF4L IS USM,Exender EF1.4xII 三脚 GITZO GT3541+ハスキー3D ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像。

2010/04/10真原桜並木_山高神代桜

  • Lightroom2ss243
    平成22年4月10日(土) 山梨県真原桜並木&山高神代桜 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM、EF17-40mmF4L USM、EF70-200mmF4L IS USM、EF100mmF2.8L IS USM、EXTENDER EF1.4x II 三脚 GITZO GT3541+ハスキー3D、GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像
無料ブログはココログ

私の山

  • 私の山
    山行記録とフィルム一眼画像を掲載しています。

2014年9月21日 (日)

フォトクラブ写真展開催

2014年9月3日(水)~19日(金)までキヤノンフォトクラブ東京第6写真展が品川のキヤノンで開催されました。

6d20140903img_3854






6d20140903img_3858


私の作品も1枚展示されました。

6d20140329img_0772タイトル「早春の朝」

撮影地:田貫湖

カメラ:EOS6D+EF24-105mmF4L IS USM 三脚使用

露出:ISO100,F13,1/45秒

2013年4月13日 (土)

キヤノンフォトサークル東京第6月例会(4月12日)

キヤノンフォトサークル東京第6月例会が4月12日(金)に行われました。

 今回からパソコンとプロジェクタが新しくなり会員が提出した作品がより鮮明に映し出されるようになりました。(笑)

 
 私は毎年3月に神奈川県松田町で開催されている「河津さくらまつり」で撮影した写真4枚を提出しました。

 神吉先生からは「素晴らしい!!」と賛辞をいただいて感無量でした。

 
 秋の撮影会の日程が発表され10月19日(土)~20日(日)に蓼科で行われることとなりました。
 
 また、年末には展示会を開催し写真集も出すこととなり、6月頃から会員各自が選りすぐりの作品を選んで提出するよう会長からお話がありました。

 
 これからは撮影に良い季節が続くので気合いが入ります。

 会終了後は近くの居酒屋で皆さんと親交を深めることができて最高の一日でした。(笑)

【提出作品】
 内2枚がAクラス入選しました。\^o^/

6d20130315img_3358__「桜の影で」
撮影情報:EOS6D+EF100mmF2.8L IS MACRO
ISO100,F2.8,SS1/2000秒
三脚・リモートスイッチ使用
コメント:地面に這いつくばってローアングルで撮影しました。











60d20130315img_9336___a「菜に映える」Aクラス入選
撮影情報:EOS60D+EF100mmF2.8L IS MACRO
ISO100,F2.8,SS1/350秒
三脚・リモートスイッチ使用




60d20130315img_9438___a「桜のなごり」Aクラス入選
撮影情報:EOS60D+EF70-200mmF4L IS USM
ISO400,F5.6,SS1/350秒
三脚使用




20110220_5dii_99_90_「春一番」
撮影情報:EOS5DMarkII+EF70-200mmF4L IS USM
ISO400,F4.5,SS1/250秒
三脚使用






2013年4月 3日 (水)

EOS学園風景撮影入門講座

EOS学園風景撮影入門講座の受講を申込み受講開始しました。

 
 以前からEOS学園の講座を受講したいと思っていましたが、日程が合わず機会がありませんでした。
 今まで独学で風景撮影を行ってきたので基礎を学びたいと思い「風景撮影入門講座」を選びました。

 講師は岩橋宏倫先生で山岳写真主体の撮影をされている方なので受講日を楽しみにしていました。
 今回のメインテーマは季節柄「木々の風景撮影編」でした。
 

【第1回:講師作例による撮影講座】
3月5日(火)午前10時30分~12時30分

 東銀座のEOS学園教室で行われました。

 岩橋先生から風景撮影のポイントについて

1.機材のポイント

 (1)カメラの設定

 ○ピクチャースタイル=スタンダード

 ○ホワイトバランス=太陽光

 ○RAW撮影

 ○ライブビュー

 (2)三脚の必要性

 ○構図を決める際、微妙な調整が可能

 ○水平(水準器の水平ではなく、構図上の水平をとることが大切)

 ○絞り込むことが多く、低速シャッターを切れる

 ○同じ構図で撮り直しが可能

 ○ライブビューを使用する

 ・露出・WB・ピクチャスタイルなどが反映されるので撮影写真がイメージしやすい。

 ・露出位置を移動し、拡大して精細なピント合わせができる。

 ・絞り込みボタンを押しても暗くならない。(ファインダーは暗くなる)

 ・PL・NDフィルターを装着しても暗くならない。(ファインダーは暗くなる)

 ・ファインダー視野率97%(6Dの場合)だがライブビューは視野率100%で四隅に余計なものが写らないか確認ができる。

 ○三脚のデメリット:速写しにくい、自由度が下がる、荷物が増える

 (3)雲台

 ○風景撮影では3Wayタイプが使いやすい、自由雲台では構図の微妙な調整がむずかしい。
 ○しっかりしたものを選ぶ

 ○クリックシュー付きのものが便利

 (4)その他

 ○レリーズ(リモートスイッチ):スローシャッター時や望遠レンズ使用時のブレをふせぐ
 http://cweb.canon.jp/camera/eos/accessary/detail/2476a001.html

 ○モニター確認用ルーペ:ライブビュー画像や撮影画像を一定の明るさで確認できる
 http://www.ginichi.com/products/detail.php?product_id=12116

2.被写体の選び方

 (1)主役になる木を決める

 ○どの木、枝に特徴があり、主役に適しているかを見る

 ○主役は常に1つであると考える:全景の中の1本、1本の木、1本の中の枝・葉・花・実、全体が1つの流れ

 (2)撮影時主役となる木を選ぶヒント

 ○木を撮るときには葉や花と枝や幹の流れが別々にあることに注目する

 ○枝や幹と葉は別々に考える

 ○画面の中で一番目立つ色や形の木を主役としてそれを中心に構成する(主役より目立っている脇役がいないか注意する)

 ○画面いっぱいに木々の流れを入れる(中央と周辺部に注意)

3.人物・人工物(入れないよう注意)

 ○人物・人工物が入る写真:人や不自然な人工物は自然風景の中でも強烈な存在感がでてしまう、自然の微妙な変化より人物・人工物が勝ってしまい、主役になってしまう、ファインダーだけでは気づかないこともあるのでライブビューやモニター確認用ルーペで有無を確認する

 ○公園での撮影対策(実習は新宿御苑)

 ・人工物を自然物で隠す位置を探し移動する

 ・絞りを開放気味にして人工物をぼかす

 ・後処理(レタッチ)で消しやすい位置に人工物を配置しておく

 以上のことについて岩橋先生からご自分の作例をプロジェクターで投影しながら講義を受けました。

【第2回:撮影実習】
3月19日(火)午前10時~12時 新宿御苑

午前10時に新宿御苑新宿門を入ったところで集合。

 当日は心配された雨がやみ快晴の天気で、当初、桜が開花していないことを見越して木の撮影を主体に実習が行われる予定だったが、幸い今年の開花は早く枝垂れ桜が満開だったので主にこの桜の撮影をメインに行われた。

 天気も良く花見客も多いので撮影前に岩橋先生から撮影の留意点とポイントを伺ったあと各自個別に撮影することとなった。

 カメラはEOS6D、レンズは標準ズーム(EF24-105mmF4L IS)一本で終始撮影した。
 新宿御苑はビルに囲まれている上、休憩所やベンチも多く、さらに花見客も多いので、これらを写真に入れないようにするのは大変だった。
 
 人を入れないようにするため桜を見上げる形で、広角にするとビルなどの人工物が入りやすいので自然に望遠側を使用することが多くなった。
 広角で撮る場合は、ローアングルで桜の周りに咲いている水仙を主役として枝垂れ桜をぼかし背景にした。

私の風景撮影手順は

(1)まず手持ちでカメラを構えておよその構図を決める
(2)アングルの高さに三脚を設置
(3)カメラを三脚に設置して水準器とファインダーで水平と構図を決める(リモートスイッチ取付)
(4)ライブビューにして全体的な構図の確認(四隅に余計なものが写らないかなど)
(5)AFフレームを主役被写体に移動・拡大して精細なピント合わせ
(6)露出設定・WB・ピクチャースタイルの選択
(7)シャッターを切る
(8)撮影画像を確認し、必要であれば再調整して撮り直し

だいたいこんな感じで撮影を行いました。

 岩橋先生から標準ズームの使用について、望遠側のほうが主役を明確にできるので使用頻度が多くなるが、広角側で主役に迫りつつ背景を入れる撮り方も勉強するよう指導がありました。
 
 確かに日頃、105mmで撮ることが多いので、これからは広角で撮る工夫もしようと思いました。

6d20130319img_3780__
満開の枝垂れ桜、枝振りが面白いのでタイトルは「知恵の輪」です。(笑)
撮影データ:EOS6D+EF24-105mmF4L IS
画角:82mm、ISO100、F9.5、1/125秒

6d20130319img_3832__


桜の周囲に咲く水仙を主役に枝垂れ桜を脇役にしてぼかしました。

三脚を使用してかなりローアングルで撮りました。

撮影データ:EOS6D+EF24-105mmF4L IS
画角56mm、ISO100、F5.6、1/180秒
三脚・リモートスイッチ使用

↓こちらは実習後に撮ったスナップです。

6d20130319img_3904__主役は花見をしている女性二人です。
タイトルは二人がいつまでも桜を眺めていて動かなかったので「時を忘れて」です。
 この桜の後ろに通路があり大勢の花見客が行き来してたので二人だけになるのをじっと待って撮りました。
撮影データ:EOS6D+EF70-200mmF4L IS USM
画角127mm、ISO100、F8、1/350秒、-1補正

 ライブビューを使用した本格的な撮影は初めてでしたが、モニター確認用ルーペを使用することにより、この日のような晴天時でも液晶モニターを拡大してしっかり見られました。
 また、当たり前ですがライブビュー画面と全く同じ写真が撮れることには感動してしまいました。
 
 ファインダーでは撮ってみないことには適正露出が判らず段階露出で撮ったりしていましたが、ライブビューではAFフレームの露出が即モニター画像に反映されるので本当に便利でした。
 三脚使用の場合に限定されますがEOS6Dの難点であるファインダー視野率97%をライブビューによって補えました。

今回の実習は大変勉強になりました。

 次回4月2日の講義では今回の実習で撮影した写真3枚をプリントして提出し、岩橋先生から講評を受けるのでこれも楽しみです。(笑)

 
【自分が感じた留意点と最近心がけていること】

1.撮る前に構図をイメージすることが大切であること

2.撮る写真が、風景写真(作品)かスナップか記録写真なのか明確にすること

3.主役を明確にすること(シンプルイズベスト)

4.被写体の光線状態を見る。
 
順光、逆光、半逆光、斜光など同じ被写体でも光線状態によって見え方は様々です。

5.ファインダーを覗くとどうしても中央ばかりに視線がいくので、ライブビューと併用して四隅にも注意をはらうこと。

6.構図のどこに合わせるかによって露出は大きく変化するので作意によって変わること。
基本的には白色はプラス補正、黒色はマイナス補正

7.作品タイトルをイメージして撮影するよう心がけています。
 写真を撮るとき、なぜその被写体に惹かれたか、なぜ撮りたいかをイメージ(タイトル)を考えることにより漫然と撮るようなことがなくなるような気がしています。
下手な鉄砲も数打ちゃ当たる的な撮り方では上達しないと実感しました。

また、第3回の講座の内容もアップしたいと思います。(笑)

【第3回:作品研究とまとめ】
4月2日(火)午前10時30分~12時30分

 
 生徒が3月19日実習で撮影しA4プリントで提出した作品をプロジェクタで投影しながら主に構図について岩橋先生から指導を受けた。

【要 点】

・見る人に何を見せたいかによって構図も変化すること。
・主役を明確にすること。
・人工物を中途半端に入れないこと。(入れるなら役割を明確にする)
・余計な余白(空など)を作らないこと。(作品の主題がぼやける)

 提出した作品に岩橋先生が赤鉛筆で構図線を引き、今後の撮影時に役立ててほしいとのお話があった。
 
 予定終了時間を大幅にオーバーしても熱心に指導していただいて大変有意義であった。

 

 

2013年3月 9日 (土)

キヤノンフォトクラブ東京第6入会

キヤノンフォトクラブ東京第6に入会しました。

http://www.cpct6.sakura.ne.jp/index.html

 撮影の技術や感性を学ぶため以前から写真クラブに入会したいと思っていましたが、なかなか機会がありませんでした。

 2月に開催されたCP+2013のセミナー会場でたまたまキヤノンフォトクラブに入会されている方と知り合いになり月例会を見学させていただいて入会することに決めました。

 年会費は16,000円で毎月第2金曜日に月例会があります。
 また、年2回の撮影会(講師同行)と会員自由参加のミニ撮影会などがあります。

 
 顧問講師の神吉猛先生はEOS学園の講師もされており「いまだけ」、「ここだけ」、「私だけ」を基本ポリシーにされており、指導は明確で分かりやすくユーモアをまじえて笑いがたえません。
 

 月例会には各自が撮影した作品4点をデータとプリントで提出します。
 提出された作品をプロジェクターで投影し皆さんで観賞しながら神吉先生が講評されます。(ここでは誰の作品かは公表されません。)

 その後、神吉先生が提出されたプリントを見てAクラス(優秀な作品)とBクラス(次点の作品)を選定し、プロジェクタで投影して皆さんに発表します。
 ここで初めて作品の撮影者が名のりをあげて作品についての質問等に答えます。

 
 作品はジャンルを問わずスナップ・風景・スポーツ等様々で他の方の作品を鑑賞し、神吉先生の講評を伺うのは大変勉強になります。
 また、毎回、神吉先生がご自分の作品をいくつか示して作品の意図や構図そして露出などについて指導され、会員の質問にも気軽に答えてくださるのでありがたいです。(笑)

 3月30日(土)にミニ撮影会、4月6日(土)に撮影会が予定されており、同じ場所で皆さんと撮影を共にすることはすごく勉強になると楽しみにしています。(火)

【3月8日(金)月例会提出作品】
 提出した4点のうち2点がAクラス入選しました。\^o^/

Eos6d0099_63「待ちぼうけ」
撮影情報:EOS6D+EF24-105mmF4L IS USM
ISO640,F11,SS1/100




6d20130211img_2080___3_a「月光の富士」Aクラス入選
撮影情報:EOS6D+EF17-40mmF4L USM
ISO3200,F4.5,SS30秒
三脚・リモートスイッチ使用



6d20130212img_2154___3「ダイヤモンド富士」
撮影情報:EOS6D+EF70-200mmF4L IS USM
ISO100,F13,SS1/1500
三脚・リモートスイッチ使用



6d20130228img_2546___3a「暗雲」Aクラス入選
撮影情報:EOS6D+EF70-200mmF4L IS USM
ISO50,F16,SS1/90
三脚・リモートスイッチ使用

2010年12月23日 (木)

フォトマスター検定準1級合格(嬉)!!

11月21日に受験した第8回フォトマスター検定試験の結果通知が届きました。

結果は、2級、準1級とも合格でした。\(^o^)/

 結果通知には、フォトマスター合格証書とフォトマスターカードが添付されていました。

 準1級は難しかったので不合格を覚悟していただけに喜びひとしおです。

 さっそくフォトマスターWebサイトに掲載されている、解答発表で自分の解答と照らし合わせてみました。

・2級:全60問(選択18問+共通42問)中、正解54問(デジタルカメラ選択15問+共通39問)で90点

・準1級:全70問(選択21問+共通49問)中、正解53問(デジタルカメラ選択16問+共通37問)で75.7点

準1級はぎりぎり合格といったところでした。(苦笑)

とはいえ合格は合格、来年は1級に挑戦したいと思います。

Lightroom3_40d_s5__2  試験結果通知

Lightroom3_40d_s99_ フォトマスターカード

Lightroom3_40d_s3_ 合格証書

2010年11月21日 (日)

フォトマスター検定2級と準1級受験!!

11月21日(日)フォトマスター検定の2級と準1級を受験してきました。

http://www.pm-kentei.com/ 

 8月に受験申込をして、受験ガイドと問題集を買い込み勉強してきました。

 写真に関する基本的な知識や撮影術、歴史など様々な知識が学べ、写真愛好家や写真関連企業の社員さんなどにとって大変意義のある検定です。

 資格・階級は、3級・2級・準1級・1級・フォトマスターEX(1級合格者のみ受験可能)の5つ。

 3級~1級は重複受験が可能なので、私は2級と準1級を受験することにしました。

Fx37_99_7_s  検定試験は、マークシート方式の選択問題で、共通問題と選択問題があり、選択問題は「フィルムカメラ分野」「デジタルカメラ分野」「フォトレタッチ分野」の3つから、一つを選びます。

 私は「デジタルカメラ分野」を選択しました。

 試験は午前中が、3級と準1級、午後が2級と1級でした。

 準1級は、午前10時40分~12時まで80分で、選択問題21問、共通問題49問の合計70問。

 2級は、午後2時10分~3時30分まで80分で、選択問題18問、共通問題42問の合計60問。

 画像ファイルのサイズやストロボGNの計算が必要な問題もありますが、電卓は持ち込み不可なので筆算の練習をしておく必要があります。

 さて受験の感想ですが、準1級は想像以上に難しく、80分があっという間で、見直す時間が全くありませんでした。

 過去の問題集を解いてずいぶん勉強してきましたが、新たな問題も多く参りました。(苦笑)

 午後の2級の方は、出題数が少ない分、見直すゆとりがありましたが、受験後確認したら、うっかりミスもあり、こちらも合否は微妙な感じです。

 結果は12月下旬に送付されるそうなので祈るばかりです。(笑)

参考に出題された問題をいくつか。

挑戦してみてください。なお、正解は後日発表になるので分かりません。

【準1級】

フィルムカメラ分野

・次の文章を読んで、記述が正しい場合には1を間違っている場合は2を選べ。

「レンジファインダーカメラで、焦点距離の長いレンズを装着した場合に正確なピント合わせを行うには、より長い「有効基線長」が必要とされている。限られたカメラの大きさの中で焦点距離の長い交換レンズを使えるようにすることは容易ではないため、ブローニーサイズやシートフィルムを使うレンジファインダーカメラは、試作品が発表されたことはあるが発売されたことはない。」

デジタルカメラ分野

・次の文章を読んで、( )に入る正しい言葉の組合せを1~3の中から選べ。

「約1800万画素(5196×3464画素)で記録したデジタルカメラの画像データ全体を200dpiの解像度でプリントする場合、プリントサイズはヨコ(ア)×タテ(イ)となる。」※この画素数は、計算上のものです。

1.ア:約66㎝、イ:約44㎝

2.ア:約30㎝、イ:約20㎝

3.ア:約26㎝、イ:約17㎝

フォトレタッチ分野

・次の文章を読んで、( )に入る正しい言葉の組合せを1~3の中から選べ。

 「フォトレタッチソフトを使って画像の色の階調数を減らす操作で明るい部分から暗い部分まで豊富にあるJPEG(Exif)データ形式の画像であれば各色256ある階調数を数階調から数十階調に減らす操作を(ア)と呼ぶ。また、画像の中で、ある値を境に明るさが反転する操作を(イ)と呼ぶ。」

1.ア:カラリゼーション、イ:ディセントラリゼーション

2.ア:ポスタリゼーション、イ:ソラリゼーション

3.ア:シラリゼーション、イ:リバイタリゼーション

共通問題

・次の文章を読んで、正しい記述を1~3の中から選べ。

「カメラあるいはレンズの用語として使われる『バックフォーカス』とは、どのようなものであるか、最も適切に説明しているものを次の中から選べ。」

1.レンズ交換式カメラのマウント面から焦点面までの距離を指す。

2.レンズ最後端から焦点面までの距離を指す。

3.レンズの中心から焦点面までの距離を指す。

デジタル書籍

最近のトラックバック