2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

20090118撮影機材

  • Lightroom2s_10_13
    撮影機材&登山用具の紹介

2013/04/25スカイツリー

  • 駒形橋とスカイツリー夜景
    撮影機材:EOS6D+EF24-105mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+SLIK SH-806N

2011/0220_26まつだ桜まつり

  • Lightroom3_179
    平成23年2月20日(日)、26日(土) 神奈川県松田町 まつだ桜まつり 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM、EF70-200mmF4L IS USM、EF17-40mmF4L IS USM、EF100mmF2.8L MACROIS USM  三脚 GITZO GT2540+Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom3にて現像

2010/11/13昭和記念公園紅葉

  • Lightroom3_5dii129
    平成22年11月13日(土) 公営昭和記念公園 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF17-40mmF4L USM、EF24-105mmF4L IS USM、EF70-200mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+MarkinsQ3 ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom3にて現像

2010/05/30向ヶ丘バラ園

  • Lightroom2s124
    平成22年5月30日(日) 生田緑地ばら苑 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII,EOS40D レンズ EF24-105mmF4L IS USM,EF100mmF2.8L IS USM MACRO,タムロン SP AF90mm F2.8Di MACRO 三脚:GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像

2010/05/09西沢渓谷

  • Lightroom2_s233
    平成22年5月9日(日) 山梨県 西沢渓谷 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM,EF70-200mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像

2010/05/02_03高ボッチ高原

  • Lightroom2_s210
    平成22年5月2日(日)~3日(月) 山梨県 高ボッチ高原 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII,EOS40D レンズ EF17-40mmF4L USM,EF24-105mmF4L IS USM,EF70-200mmF4L IS USM,Exender EF1.4xII 三脚 GITZO GT3541+ハスキー3D ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像。

2010/04/10真原桜並木_山高神代桜

  • Lightroom2ss243
    平成22年4月10日(土) 山梨県真原桜並木&山高神代桜 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM、EF17-40mmF4L USM、EF70-200mmF4L IS USM、EF100mmF2.8L IS USM、EXTENDER EF1.4x II 三脚 GITZO GT3541+ハスキー3D、GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像
無料ブログはココログ

私の山

  • 私の山
    山行記録とフィルム一眼画像を掲載しています。

« 南八ヶ岳、編笠山・権現岳撮影山行 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます。<(__)> »

2013年9月28日 (土)

秋の涸沢


 6d20130925img_9700平成25年9月23日(月)~9月26日(木)まで車泊&山小屋泊で北アルプスの涸沢に撮影に
出かけてきました。
撮影主体なので穂高には登らず涸沢に2泊し、パノラマコースを歩きました。
 紅葉はまだ早かったのですが、ナナカマドの実が真っ赤できれいでした。
また、天気が思ったより良くてひさしぶりに良い写真が撮れ、山小屋も予想外に空いており大満足の撮影行でした。(笑)
 紅葉の最盛期は10月初旬ですが、道も山小屋もすごい混雑となるのでこの時期に行くことにしました。
 最盛期の山小屋は布団1枚に3人が寝る覚悟が必要です。(苦笑)

【フォトアルバム】

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/album/GdyBXtm7u4n

【行 程】

9月23日(月) 晴れ
 自宅(11:55) → 松本IC(15:22) → (16:18)沢渡第一駐車場(車泊)

9月24日(火) 晴れ
 沢渡第一駐車場(5:40) → (6:10)上高地バスターミナル(6:20) → 河童橋(6:35) → 明神館(7:22) → (8:15)徳沢園(8:30) → (9:28)横尾(10:20) → (11:33)本谷橋(11:50) → (13:38)涸沢ヒュッテ(泊)

9月25日(水) 晴れのち曇り
涸沢ヒュッテ(7:25) → (9:30)屏風の耳10:20) → (12:00)涸沢ヒュッテ(13:15) → (13:30)涸沢小屋(泊) 

9月26日(木) 雨のち曇りのち雨
涸沢小屋(6:20) → (7:47)本谷橋(8:42) → (9:55)横尾(10:05) → (11:12)徳沢園(11:50) → (12:35)明神館(12:40) → 河童橋(13:24) → (13:35)上高地バスターミナル(13:50) → (14:25)沢渡第一駐車場(14:45) → (19:15)自宅

【装 備】総重量約15kg(内、撮影機材約4kg)

1.登山装備:

 ザック(カリマーリッジ40)、登山靴(LOWA)、ガスコンロ、ガスカートリッジ(小1個)、チタンコッヘル、ゴア雨具上下、ダウンジャケット、ツエルト、ヘッドランプ、ラジオ、着替え、グローブ、帽子、ストック

2.撮影機材:

カメラ:EOS6D、GRD4
レンズ:EF24-105mmF4L IS USM
三脚:GITZO GT2540+MarkinsQ3T自由雲台

3.食糧

3食+非常食1食+行動食

【情 報】

・沢渡第一駐車場 駐車料金1日500円
・沢渡⇔上高地シャトルバス 片道1,200円、往復割引2,000円(当日外有効)
 http://www.kamikochi.or.jp/access/bus-timetable_4/
・涸沢ヒュッテ TEL090-900-2534 1泊2食付 9,500円
 http://www.karasawa-hyutte.com/
・涸沢小屋 TEL090-2204-1300 1泊2食付 9,500円(事前予約者のみ200円割引)
 http://www.karasawagoya.com/

【紀 行】

9月23日(月) 晴れ
 自宅を正午前に出発し、中央道を快適に飛ばして松本ICで下り、1時間弱で沢渡に着いた。
 シャトルバス始発停留場に最も近い第一駐車場に愛車を停める。
沢渡には多くの駐車場があるが平日ゆえ空いていた。
紅葉の最盛期は10月上旬なので来週はすごい混みようになるのだろう。
明日の好天を祈りつつ午後8時車内にて就寝。

9月24日(火)晴れ
 4時半に起床し、車内で朝食を食べ、午前5時40分発始発のシャトルバスで上高地に向かい、30分ほどで上高地バスターミナルに着いた。
ここには日本ザルの群れがたむろしていた。
 5分ほどで河童橋に着き、お馴染みの景色を眺める。
 穂高連峰は雲が湧いているものの頂上が望め、振り返ると笠雲をかぶった焼岳がきれいだった。
 懐かしさを感じながら明神館、徳沢園と歩き、午前9時半に横尾に着いた。
多くの登山者が休憩しており、自分もここで大休止して早めの昼食を食べる。
 天気は時間の経過とともに青空が広がる。
本谷橋から涸沢への急登となりかなりバテるが1時間半強でようやく涸沢ヒュッテに着いた。
 宿泊手続きをして部屋に入る。(夕食は5時、朝食は5時半)
 思ったより空いており快適に過ごせた。
平日なのと台風が近づいているせいかと思った。
撮影機材だけ持ってテラスに行く。
 穂高はガスに隠れていたが時間とともにガスが切れ姿を現す。
 紅葉はまだまだだが、ナナカマドの真っ赤な実がきれいで葉もオレンジ色に変化していて美しかった。
 夕食後、外に出たら星が出ており長時間露光で撮影した。
午後8時、就寝。

9月25日(水) 晴れのち曇り
 午前4時過ぎに起床して撮影機材を持ってテラスに行き、夜明けを待つ。
 午前5時半過ぎ、涸沢岳が黄金色に輝き素晴らしいモルゲンロートとなりワクワクしながらシャッターを切る。
 朝食後、必要なものだけザックに詰めてパノラマコースを屏風の耳まで歩く。
 パノラマコースの詳細な案内図が涸沢ヒュッテ小屋内に掲示してあり大変参考になった。
 このコースは徳沢の新村橋で至る道で健脚者向きで、登降が多くガレ場のトラバースも多く慎重に歩く。
 屏風の耳からは槍ヶ岳が望めるのだが、生憎ガスに覆われて眺望できなかった。
また、屏風の頭への道はガレて危険と山小屋の従業員から聞いていたので行かずに往路を戻る。
 正午に涸沢ヒュッテに戻りお湯を沸かし昼食を食べる。
 上高地から登られた高齢のご婦人がいらしたので話をしたら何と82才だそうでビックリするとともに敬服するが「来年は来られないかも」とニコニコ話していた。
昼食後のんびりしてから涸沢小屋に向かい、15分ほどで着く。
 宿泊手続きをして部屋に荷物を置いてから撮影機材を持って外のテラスに行く。
 ここからの眺望はお馴染みの涸沢の景色は望めないが、前穂高北尾根の景観が素晴らしい。
 午後から天気は下り坂となり徐々に穂高稜線はガスに覆われる。
午後5時半の夕食後、外に出てみたが星は見えずガスの覆われていた。
午後8時、明朝の天候回復を祈りつつ就寝。

9月26日(木)雨のち曇りのち雨
  
 午前4時半起床し、撮影機材を持ってテラスで夜明けを待つがガスに覆われて何も見えず残念。
 霧雨が降っているので雨具とザックカバーを装着して午前8時前に小屋を出発する。
 ここは奧穂高ザイテングラード経由で登られる登山者が多いので、皆さんにお別れをする。
 本谷橋に着いた頃より天気が回復し雲が切れて青空も望めるようになるが稜線上部はガ スに覆われている。
 午前11時過ぎに徳沢園に着き、お湯を沸かして昼食を食べる。
ここは草原帯で気持ちの良いテント場だ。
 午後1時過ぎ、無事に河童橋に着いた。天候は曇りで穂高連峰は雲に覆われ眺望できなかった。
シャトルバスで沢渡に戻り、午後2時半頃帰宅の途につき午後7時過ぎに無事帰宅。

【感 想】
 涸沢に来るのは13年ぶりだったが、やはり素晴らしい山の別天地だった。
台風が近づいているので悪天覚悟で来たが、幸い天気に恵まれて良い写真が撮れて大満足の撮影山行だった。
 何より25日早朝の涸沢岳モルゲンロートは神々しく一生忘れられないだろう。
また、色々な方との一期一会の出会いもあり思い出深い山旅だった。

【参考写真】

Grd420130923r0012188_


沢渡第一駐車場

Grd420130923r0012191_2


沢渡第一駐車場

Grd420130923r0012192_


沢渡第一駐車場トイレ

Grd420130924r0012202_

山登り10訓
(沢渡バスターミナル)

Grd420130924r0012205_


明神館

6d20130924img_9409_

徳沢園

6d20130924img_9416_


横尾山荘

6d20130924img_9436_

本谷橋
(ここから涸沢まで1時間半の急登が続く)

Grd420130925r0012218_

涸沢ヒュッテ

Grd420130924r0012214_

涸沢ヒュッテ夕食

Grd420130925r0012216_

屏風の頭コース案内
(涸沢ヒュッテ)

Grd420130925r0012217_

パノラマコース案内
(涸沢ヒュッテ)

6d20130925img_9776_


涸沢小屋

Grd420130925r0012225_

涸沢小屋にて
(後方は前穂高北尾根)

Grd420130925r0012226_


涸沢小屋夕食

Grd420130926r0012227_

涸沢小屋朝食

« 南八ヶ岳、編笠山・権現岳撮影山行 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます。<(__)> »

撮影行」カテゴリの記事

コメント

   ご無沙汰してます!                                                9月の終わりに、涸沢にいかれたんですね。 
ピーク前だと思いますが、山の上のほう、草紅葉が見えますね。

 私は今年、春、秋とも涸沢には行けませんでしたが、 来年は行きたいです。 夏にキレット、長谷川ピークなど走破してみたいです!!

Tさん、おひさしぶりです。
コメントありがとうございます。<(__)>
 貴殿の以前のコメントで「新穂高から入り双六~黒部五郎~鷲羽~水晶の幕営縦走」されたようですが、いかがでしたか?
 きっと素晴らしい山行だったのではないでしょうか。
 
 私は明日からまた新雪の燕岳に登ってきます。
 実は、まだアップしていませんが、涸沢の翌週(10/4~6)に紅葉の燕岳を撮影目的で登ってきました。
 天気も良くなかなか素晴らしい紅葉と夕焼けを満喫してきました。(笑)

 いよいよこれからは雪山シーズン、お互い気をつけて無理せず楽しい山行にしましょう。

 それでは、また

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185296/58451938

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の涸沢:

« 南八ヶ岳、編笠山・権現岳撮影山行 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます。<(__)> »

デジタル書籍

最近のトラックバック