2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

20090118撮影機材

  • Lightroom2s_10_13
    撮影機材&登山用具の紹介

2013/04/25スカイツリー

  • 駒形橋とスカイツリー夜景
    撮影機材:EOS6D+EF24-105mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+SLIK SH-806N

2011/0220_26まつだ桜まつり

  • Lightroom3_179
    平成23年2月20日(日)、26日(土) 神奈川県松田町 まつだ桜まつり 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM、EF70-200mmF4L IS USM、EF17-40mmF4L IS USM、EF100mmF2.8L MACROIS USM  三脚 GITZO GT2540+Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom3にて現像

2010/11/13昭和記念公園紅葉

  • Lightroom3_5dii129
    平成22年11月13日(土) 公営昭和記念公園 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF17-40mmF4L USM、EF24-105mmF4L IS USM、EF70-200mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+MarkinsQ3 ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom3にて現像

2010/05/30向ヶ丘バラ園

  • Lightroom2s124
    平成22年5月30日(日) 生田緑地ばら苑 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII,EOS40D レンズ EF24-105mmF4L IS USM,EF100mmF2.8L IS USM MACRO,タムロン SP AF90mm F2.8Di MACRO 三脚:GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像

2010/05/09西沢渓谷

  • Lightroom2_s233
    平成22年5月9日(日) 山梨県 西沢渓谷 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM,EF70-200mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像

2010/05/02_03高ボッチ高原

  • Lightroom2_s210
    平成22年5月2日(日)~3日(月) 山梨県 高ボッチ高原 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII,EOS40D レンズ EF17-40mmF4L USM,EF24-105mmF4L IS USM,EF70-200mmF4L IS USM,Exender EF1.4xII 三脚 GITZO GT3541+ハスキー3D ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像。

2010/04/10真原桜並木_山高神代桜

  • Lightroom2ss243
    平成22年4月10日(土) 山梨県真原桜並木&山高神代桜 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM、EF17-40mmF4L USM、EF70-200mmF4L IS USM、EF100mmF2.8L IS USM、EXTENDER EF1.4x II 三脚 GITZO GT3541+ハスキー3D、GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像
無料ブログはココログ

私の山

  • 私の山
    山行記録とフィルム一眼画像を掲載しています。

« 南八ヶ岳縦走 | トップページ | 裏高尾縦走 »

2013年7月 6日 (土)

南アルプス鳳凰山撮影登山

6d20130702img_8199__ 平成25年6月30日(日)~7月2日(火)車1泊小屋1泊で南アルプス鳳凰山に登ってきました。

 南アルプスに登るのは平成21年10月に青木鉱泉から鳳凰山に登って以来3年半ぶりでした。
 梅雨時ながら3日目は天気に恵まれ新たな山中間との出会いもあり楽しい山行でした。
 薬師岳小屋は小さいながらも薬師岳直下でロケーションは最高で食事も美味しくなかなか良い山小屋でした。

フォトアルバム
http://opa.cig2.imagegateway.net/s/album/BMMsueFp7DU

【行 程】

6月30日(日)曇り

 自宅(12:20) → 甲府昭和IC(14:30) → (15:32)夜叉神駐車場(車泊)

7月1日(月)曇り

 夜叉神駐車場(5:00) → (6:14)夜叉神峠(6:20) → (7:50)杖立峠(7:55) → (9:35)苺平(9:40) → (10:15)南御室小屋(11:55) → (13:20)薬師岳小屋(泊) 

 ※空身で薬師岳往復

7月2日(火)曇り時々晴れ

 薬師岳小屋(6:25) → (7:15)観音岳頂上(8:00) → (8:35)薬師岳小屋(9:00) → (9:55)南御室小屋(10:45) → 苺平(11:27) → (12:33)杖立峠(12:50) → (13:38)夜叉神峠(13:50) → (14:30)夜叉神駐車場(14:55) → (17:45)自宅

【装 備】 総重量約15kg(内、撮影機材約4kg)

1.登山装備:

 ザック(カリマーリッジ40)、登山靴(LOWA)、ガスコンロ、ガスカートリッジ(小1個)、チタンコッヘル、ゴア雨具上下、ダウンジャケット、ツエルト、ヘッドランプ、ラジオ、着替え、日焼け止め、グローブ、帽子、ストック

2.撮影機材:

カメラ:EOS6D、GRD4
レンズ:EF24-105mmF4L IS USM
三脚:GITZO GT2540+MarkinsQ3T自由雲台

3.食糧

1食+非常食1食+行動食

【紀 行】

6月30日(日) 曇り
 昼食後、12時半前に自宅を出発し調布から中央高速にのり甲府昭和ICでおりる。
 芦安からの道は幅が狭く対向車が来ないことを祈りながらライトを点けて走る。
約1時間で夜叉神駐車場に無事到着。
 夜叉神峠登山道入口の真ん前に駐車し、時間があるので登山届を提出箱に入れて付近を散策。
天気はガスでもやっているが雨は降っていない。
 
 思ったより気温が高く車内ではシュラフがいらないくらい暖かかった。
途中のコンビニで買った弁当を食べて午後8時就寝。

7月1日(月)曇り
 朝4時起床し車内で朝食を食べて午前5時夜叉神峠に向けて出発。
最初はやや急な登りだったが、緩やかなジグザグの登り道となり1時間強で夜叉神峠に着く。
 残念ながら曇っており白峰三山の眺望は全くきかない。
ここからは緩やかに下ってから急登となる。
さらに緩やかな登りが続き1時間半強で杖立峠に着いた。
金属パイプを組み合わせたケルンと「苺平まで2時間30分」の道標が立っており先は長い。(苦笑)
 途中、杖立峠同様に鉄パイプケルンが設置された休憩スペースを経て樹林帯の緩やかな登りが続き午前9時35分ようやく苺平に着いた。
ここにも鉄パイプを組んだケルンが設置されており「南御室小屋30分」の道標をみてホッとする。
ここからは苔むした樹林帯の緩やかな下りとなる。
 午前10時15分、南御室小屋到着。予定より早く着き、ここから上は水場もないのでザックを下ろしガスコンロでお湯を沸かして昼食休憩とする。
 他に登山者もなく静かだ。しばらくすると単独幕営の青年が登ってきて話をする。
今日はここで幕営して明日、薬師岳、観音岳、地蔵岳を空身で縦走してここに戻るそうだ。
 午後11時55分、薬師岳小屋に向けて出発。花崗岩と樹林の急登と緩やかな登りが交互に続き砂払岳の稜線に出る。曇っており展望はきかないが岩陰にイワカガミの赤い花が咲いており癒やしてくれた。一休みしてから砂払岳の岩稜帯を越えて午後1時20分薬師岳小屋に着いた。
 ザックを下ろし小屋に入ると小屋主は外出中で「登山道整備のため午後2時には戻ります」との書き置きがあった。
 カメラと三脚を持って空身で薬師岳に撮影に出かける。頂上までは10分ほどの距離だが、途中、ガスに煙るハイマツなどを撮りながらのんびり歩く。
 薬師岳頂上はガスっており全く展望がきかず、白峰三山の雄姿も拝むことはできなかった。
 午後2時過ぎに小屋に戻ったが小屋主はまだ帰っておらず、ベンチで休憩していたら家族連れ(娘さんと両親)が登ってきたので挨拶すると彼等もこの小屋に泊まるそうでココアをご馳走になり話をする。
 山梨県に住んでいるそうだが一度も周囲の山に登ったことがないので娘さんと登ってきたそうで仲の良いご家族であった。明日は鳳凰三山を縦走して鳳凰峠から広河原に下るそうで、以前、自分が下ったことのあるコースなので注意点などを僭越ながらアドバイスした。
午後3時頃、小屋主が帰ってきて宿泊手続きをする。
 今日の宿泊客は自分と家族連れだけなので大部屋を自由に使わせてくれて感謝。
午後5時半の夕食メニューは「おでん」で美味しかった。
 夕食後、夕陽を撮りに小屋裏の砂払岳に三脚を設置して午後7時過ぎまで粘ったが、残念ながら夕陽は拝めなかった。
 明日の好天を祈りながら午後8時就寝。

7月2日(火)晴れのち曇り
 朝4時前起床し、カメラと三脚を持って薬師岳に日の出を撮りに出かける。
薄闇の向こうに白峰三山の雄姿が眺められる。薬師岳の大きな岩の上に三脚を設置して日の出を待つ。同宿の家族連れも登ってきて一緒に日の出を拝む。やや雲が多く、前回の南八ヶ岳と同様に赤い日の出となった。
 家族連れは観音岳へ向かうのでここで無事を祈りつつ別れて小屋に戻る。
 朝食を食べて荷物の整理をして午前6時25分、必要なものだけ持って観音岳へ向かう。
  
 
稜線からは白峰三山が朝陽に輝いて美しい。
 午前7時15分、観音岳頂上に着いた。三脚を設置して撮影を楽しむ。甲斐駒ヶ岳や地蔵岳も眺望できていたが雲がもくもくと湧いてきて景色がめまぐるしく変化し、やがて見えなくなる。外国人二人とわんちゃん一匹のバーティが登ってきたので挨拶を交わす。
 国籍はイギリスとニュージーランドの方達だった。
 午前8時往路を戻り30分ほどで薬師岳小屋に着いた。置いていった荷物をザックに詰めて準備をしていたら、男女5人パーティが下りてきて挨拶を交わす。
何と北海道から来られたそうで、北沢峠から仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳に登り、早川尾根を経て、昨日は鳳凰小屋に泊まり、鳳凰三山を縦走して夜叉神峠に下山するそうだ。
山の話をしながら一緒に下りて南御室小屋で別れた。
 南御室小屋で早目の昼食を食べてから、長い下りを歩き午後13時40分頃ようやく夜叉神峠に着いた。天気が良ければ白峰三山が眺望できるのだが残念ながら雲に覆われて見えない。
 夜叉神峠から約40分の下りで夜叉神駐車場の愛車の元に無事下山。
先に下山していた北海道のパーティと南御室小屋で会った単独幕営の青年に再会。
彼は南御室小屋からテントを背負って鳳凰三山を縦走し鳳凰峠から広河原に下山したそうだ。薬師岳小屋で同宿の家族連れについて消息を聞いたところ、鳳凰峠まで一緒だったそうだが、家族連れは鳳凰峠で昼食休憩のため別れたとのこと。
 北海道のパーティはバスで帰路につくようで笑顔で手を振って別れた。
午後2時前に夜叉神駐車場を出発し午後6時前に無事帰宅した。

【感想】

 南アルプスは山が大きく森林限界が高いので樹林帯の急登が長く続くコースが多いが、夜叉神峠から鳳凰山のコースはアプローチも楽で登山道も整備されており揺るやかな登りが多いので比較的楽なコースだと思う。
 今回は往復コースを辿ったが、周回コースとしては夜叉神峠→鳳凰三山縦走→鳳凰峠→広河原に下山しバスで夜叉神峠に戻るコースもあるが、鳳凰峠から広河原の下りはかなり急な下りで事故も多く、膝を痛める登山者も多いので要注意である。

【山小屋等情報】

駐車場:夜叉神駐車場(無料)、トイレ売店有り、入浴可

山小屋:
南御室小屋 TEL 090-3406-3404 1泊2食 8,000円 水場・テント場あり
薬師岳小屋  TEL 090-5561-1242 1泊2食 8,000円 水場・テント場なし
 朝夕食 5時半 ビール600円

【参考写真】

Grd420130630r0011875_


夜叉神駐車場



Grd420130630r0011874_


夜叉神峠登山道入口



Grd420130701r0011877_


夜叉神峠(残念ながらガスっており全く展望きかず)



Grd420130701r0011878_


夜叉神峠小屋



Grd420130701r0011881_


杖立峠



Grd420130701r0011880_


杖立峠道標



Grd420130701r0011882_

杖立峠と苺平の中間にもケルンが立っていました。
山火事跡らしいがその面影は全くありません。
展望が開けて気持ち良いところです。



Grd420130701r0011883_

山火事跡の道標




Grd420130701r0011884_

苺平




Grd420130701r0011885_

苺平の道標




Grd420130701r0011886_


南御室小屋



6d20130701img_8081_

イワカガミの花(砂払岳にて)




6d20130701img_8082_

ナナカマドの花




6d20130701img_8084_


薬師岳小屋



Grd420130701r0011894_


薬師岳小屋内(緑色の扉の奥が寝室です。)



Grd420130701r0011892_


薬師岳小屋の夕食(おでん美味かったです。)



Grd420130702r0011899_

薬師岳小屋の朝食




Grd420130702r0011901_


薬師岳小屋前にて



6d20130701img_8116__2


薬師岳(砂払岳から)



6d20130702img_8147_

夜明け前の北岳(薬師岳にて)




6d20130702img_8172__


日の出(薬師岳にて)



6d20130702img_8177_


朝焼けの白峰三山(薬師岳にて)



6d20130702img_8189_


観音岳を望む(薬師岳にて)



Grd420130702r0011904_


薬師岳頂上にて



6d20130702img_8216_


ケルンと北岳(薬師岳にて)



6d20130702img_8225_


仙丈ヶ岳(薬師岳にて)



6d20130702img_8253_

観音岳頂上にて




6d20130702img_8258_

雲湧く北岳(観音岳にて)




6d20130702img_8236_

アカヌケ沢ノ頭(手前)と甲斐駒ヶ岳(観音岳にて)




6d20130702img_8262_


薬師岳(観音岳稜線にて)



Grd420130702r0011902_

観音岳で出会った外国人パーティとわんちゃん




Grd420130702r0011907_


夜叉神峠(下山時も展望きかず残念!)





 

« 南八ヶ岳縦走 | トップページ | 裏高尾縦走 »

撮影行」カテゴリの記事

コメント

 鳳凰山、見させていただきました! smile

 北岳、甲斐駒、仙丈岳の写真を撮るのに適した山ですね~ 特にアカヌケ・・・の写真が素晴らしい~

 関西からなかなか行きにくい(アクセスの面で)所ですが、O田さんのブログを参考にして、いつか行きたいと思いましたよ! 

 私もO田さんの影響でココログに引越しです。 写真を結構載せれるのが決め手になりました。 山行って帰ってきたら、アップしようと思います。 その時は、報告しますね~

Tさん、コメントありがとうございます。

 ココログですが、アップできる写真サイズが1MB以下でなければならないのが難点でリサイズしても1MB以下にならない写真もあります。

 なのでフォトアルバムはサイズが1MB以上の写真でもアップできるCANON iMAGE GATEWAYに作成してリンクを貼ることにしました。

 今後ともよろしくお願いします。<(__)>

 まいど!です(関西人のあいさつですみません)
 
 今度行く山、決定しました。たぶん、新穂高から入り双六~黒部五郎~鷲羽~水晶あたりを5泊テントメインで行こうと計画しました! 期間は7/29~8/4です。

 ここで、わたしのココログのアドレスを・・・http://tagatets.cocolog-nifty.com/ です。

 毎日は更新できませんが、イベントがあった日などを中心に主に趣味なんかのこと書いています。

 よろしくお願いします。wink

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185296/57750571

この記事へのトラックバック一覧です: 南アルプス鳳凰山撮影登山:

« 南八ヶ岳縦走 | トップページ | 裏高尾縦走 »

デジタル書籍

最近のトラックバック