2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

20090118撮影機材

  • Lightroom2s_10_13
    撮影機材&登山用具の紹介

2013/04/25スカイツリー

  • 駒形橋とスカイツリー夜景
    撮影機材:EOS6D+EF24-105mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+SLIK SH-806N

2011/0220_26まつだ桜まつり

  • Lightroom3_179
    平成23年2月20日(日)、26日(土) 神奈川県松田町 まつだ桜まつり 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM、EF70-200mmF4L IS USM、EF17-40mmF4L IS USM、EF100mmF2.8L MACROIS USM  三脚 GITZO GT2540+Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom3にて現像

2010/11/13昭和記念公園紅葉

  • Lightroom3_5dii129
    平成22年11月13日(土) 公営昭和記念公園 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF17-40mmF4L USM、EF24-105mmF4L IS USM、EF70-200mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+MarkinsQ3 ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom3にて現像

2010/05/30向ヶ丘バラ園

  • Lightroom2s124
    平成22年5月30日(日) 生田緑地ばら苑 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII,EOS40D レンズ EF24-105mmF4L IS USM,EF100mmF2.8L IS USM MACRO,タムロン SP AF90mm F2.8Di MACRO 三脚:GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像

2010/05/09西沢渓谷

  • Lightroom2_s233
    平成22年5月9日(日) 山梨県 西沢渓谷 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM,EF70-200mmF4L IS USM 三脚 GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像

2010/05/02_03高ボッチ高原

  • Lightroom2_s210
    平成22年5月2日(日)~3日(月) 山梨県 高ボッチ高原 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII,EOS40D レンズ EF17-40mmF4L USM,EF24-105mmF4L IS USM,EF70-200mmF4L IS USM,Exender EF1.4xII 三脚 GITZO GT3541+ハスキー3D ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像。

2010/04/10真原桜並木_山高神代桜

  • Lightroom2ss243
    平成22年4月10日(土) 山梨県真原桜並木&山高神代桜 撮影機材:カメラ EOS5DMarkII レンズ EF24-105mmF4L IS USM、EF17-40mmF4L USM、EF70-200mmF4L IS USM、EF100mmF2.8L IS USM、EXTENDER EF1.4x II 三脚 GITZO GT3541+ハスキー3D、GITZO GT2540+Markins Q3T ※RAW撮影後、Photoshop Lightroom2にて現像
無料ブログはココログ

私の山

  • 私の山
    山行記録とフィルム一眼画像を掲載しています。

« 尾瀬撮影山行 | トップページ | 尾白川渓谷撮影行 »

2007年7月29日 (日)

カリマー60周年記念ザック

カリマーRidge40 Anniversary60th

 トレッキングザックの定番であるカリマーリッジシリーズの60周年記念モデルが発売され、長年使用してきたザック(これもカリマー)が経年劣化により痛んでいたので買い替えました。

http://www.sba-inc.co.jp/karrimor/karrimor60th/anniversary.html

 このザックはトレッキングだけでなくカメラ用ザックとしても大変使い勝手が良いです。

 その理由は

1.最近のトレッキングザックはサイドポケットが小さかったり、メッシュなどで三脚をサイドに装着するには耐久性に不安があるものが多いのですが、リッジ40のサイドポケットは大きく丈夫なので三脚をしっかり取り付けられます。

2.雨蓋が大きくアクセサリなどがかなり収納できます。

3.本体の左右にジッパー付きの縦型ポケットが2つ、中央に1つあり、左右は水筒や傘など、中央には地図やガイドなどを収納できます。

4.2気室なので、下層に着替えや雨具、上層に撮影機材や食糧など整理して収納でき、下層のジッパーは扇型なので開閉も楽です。

5.背負い心地は、定評どおり大変良くて長時間のトレッキングでも疲れません。(これは人それぞれ体型にもよりますが・・・・)

 通常モデルと60周年記念モデルの違いは、素材が通常モデルはks300rsナイロンなのに対し、60周年モデルはks500eナイロンで50gほど軽い(1800g)ことと、カラーがアイスブルー一色であること。

 私は長年、ミレー、カリマーのトレッキングザックを愛用してきましたが、本モデルは使い勝手、収納力、背負い心地の全てにおいて最高のザックだと思います。

 ただ、トレッキングザックゆえ、背負い心地第一であるため置いたときの安定性は悪い、これは仕方がないところです。

 一般的な登山では山小屋1~2泊は30リットルで十分ですが、撮影山行の場合は、交換レンズなどの撮影機材が増えるので40リットル程度がちょうど良いと思います。

 以前紹介したニコンアイスメーア35と比較すると、リッジ40は緩衝材がない分軽く、荷物も押し込めばかなり入るし調整も楽ですが、交換レンズなどはレンズケースに収納する必要があります。

 また、アイスメーアはジッパー式なので収納力が限られることとジッパーの開閉がしにくい難点があります。

 ラムダのカメラザックⅣも持っていますが、ザック自重が2800gと重く、三脚は上部に横置きに装着するタイプなので縮長が長い三脚だと横に飛び出て歩行時に邪魔になるし危険もあります。

 使い分けは、日帰り~一泊ならアイスメーア35、1~2泊で岩稜帯のある山行ではリッジ40、平地の多い1~2泊の撮影山行ならカメラザックⅣといったところです。

30d_20070729_372slkypix_22気室だが、1気室にもできる。下層の荷物の取り出しも扇形なのでスムーズです。

中央にジッパー付きに大型ポケットがあります。

30d_20070729_373slkypix 60周年記念のタグが縫いつけられています。

30d_20070729_376slkypix_2 サイドポケットが大きく丈夫なので三脚をしっかり取り付けられます。

30d_20070729_378slkypix身体に接する部分は通気性に優れたクールメッシュ素材が使われており、ショルダーハーネス、ヒップベルトによる背負い感の調整もしやすい。

30d_20070729_379slkypix

左右にジッパー付きの縦型ポケットがあり、水筒や傘を収納できて取り出しやすく便利です。

今までのザックでは水筒が納まりが悪くて苦労していました。

30d_20070811_530slkypixs_2

サイトポケット

(水筒や傘を収納)

30d_20070811_531slkypixs 中央ポケット

(地図やガイドを収納)

※画像はいずれもEOS30D+シグマ17-70mmF2.8-4.5DC MACROで撮影

« 尾瀬撮影山行 | トップページ | 尾白川渓谷撮影行 »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!
僕のザックもカリマーです。
使い勝手も背負い心地も気に入ってます。

写真拝見しました。綺麗に撮れていますね。
僕も最近デジタル一眼レフカメラ買いました。
高校時代から使っているペンタックスのスクリューマウントレンズを
ペンタックスK10Dに取り付けて使ってます。
なかなか楽しいですね。久しぶりに写真が楽しくなりました。

こうさん、感想ありがとうございます。
一緒に八ヶ岳を登ったときの記憶がよみがえってきました。

 ペンタックスK10Dは山向きの良いカメラのようですね。

 デジタルに移行して1年半、もうフィルムには戻れそうもないです。(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリマー60周年記念ザック:

« 尾瀬撮影山行 | トップページ | 尾白川渓谷撮影行 »

デジタル書籍

最近のトラックバック